便秘を解消するための6か条

便秘を解消するための6か条を紹介したいと思います。まずは便秘を解消するためには早寝早起きをして生活のリズムを整えて規則正しい生活をするようにしましょう。それが便秘解消、便秘予防の基礎になります。そして、朝起きたら寝起きに水をコップ1杯の無用にしましょう。これは朝起きてすぐに水を飲むことで腸のぜん動運動を活発にさせて便意を起こさせて便秘解消につなげるのです。そして生活の中では適度に水分補給をするようにしましょう。水分補給をしないと、便が固くなって出にくくなり、便秘につながってしまいます。

 

それから四つ目は便秘解消、便秘改善のためにも、朝食をきちんと取るようにしましょう。朝食を食べると腸が動き出しますからそれによって便意を誘発されて便秘知らずになります。それから食生活の見直しも大切です。食生活を見直して、食物繊維が豊富に含まれているものを食べるようにしましょう。最後に便秘解消のポイントとなるのは適度な運動です。運動不足は体以外にも、体の中の腸の働きも鈍くしてしまいますからそれが便秘につながってしまいます。出来れば、便秘解消のためにも、適度な運動を毎日の生活の中に取り入れるように心がけましょう。

便秘の解消と食生活

便秘の解消には、食生活の改善が大切だといわれています。例えば、規則正しい食事を取らないために便秘になることもありますから、朝昼晩と三食きっちりとって排便を促すようにすれば便秘の解消につながりますし、偏食をやめて栄養バランスに気をつけるだけでも、便秘の解消になるといわれています。そして水分を適度に摂取することで、大腸に水分が十分にいきわたって便がでやすくなって便秘の解消になります。そして便秘の解消に一番いいのは食物繊維をとることです。食物繊維を食べることで、便秘を予防することができます。

 

他にも、便秘の解消にはビフィズス菌が言いと言われています。これはヨーグルトなどに含まれていますがビフィズス菌を食べることで細胞が活発に働いて便秘の解消につながります。またオリゴ糖も便秘には言いといわれていて便秘の解消にはオリゴ糖を摂取することで腸内環境が整えられるそうですから便秘の解消にはビフィズス菌とオリゴ糖を取るようにしましょう。便秘の解消には食生活の見直しがとても効果的ですから出来るだけ薬などに頼ることなく、食生活の改善で便秘を解消していけるといいでしょう。食生活の改善の第1歩は三食きちんと食べることから始めましょう。それだけでも腸の動きが変わってきます。

便秘の薬を使う

便秘の薬といっても種類がいろいろあります。例えば、便秘で溜まってしまった便の表面を柔らかくして排便をしやすくする薬は、それだけでは便秘に効果が十分にあるとはいえないので、刺激性の下剤と一緒に使われることが多いといわれています。大体この柔らかくするタイプの便秘の下剤の場合には効果は8時間から12時間ほどだといわれています。他にも便秘の薬といえば膨張性の下剤というものがあります。この便秘の薬は、水分と一緒にとることで、便秘を解消させるのですが、効果に即効性がなくて2-3日くらい服用してからあらわれるといわれています。この便秘の薬は妊婦が使うと早産や流産になってしまう可能性があるので注意しないといけません。

 

他にも便秘の薬には、塩類下剤と呼ばれる下剤があります。これは便秘の習慣性も少ない薬で長期的に飲んでも大丈夫な便秘の薬です。他にも糖類下剤というものもありますがこの便秘の薬の場合は糖尿病の人には注意しないといけません。即効性のある便秘の薬といえば刺激性の下剤です。これは小腸から吸収して粘膜を刺激して排便を誘います。座薬タイプのものが有名かもしれませんね。このように便秘の薬にはいろいろな種類があるのです。